タイトル戻しました。マリーンズとイーグルスのファンです。


by yamana124
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:音楽( 17 )

夏の終わり

丈さんこんばんは。
久しぶりに丈さんのブログにコメントします。

と丈さんのブログにコメントするつもりでしたが、長くなってしまうのと、話がまったくまとまらないので、丈さんにトラックバックするのはやめました。

とある河野丈洋ファンは、近頃、長嶋さんのサイトから来るメールマガジンや、中村さんの最新情報をチェックしながら、GOINGのニューアルバムを楽しみにしています。
そしてこうして丈さんのブログをチェックしています。

そういえばもう今年も、夏が終わっていましたね。
って、昨年の夏も、変わらずにこうしてこのブログを見ていて、今年も夏が終わったな、と気付いていました。

本当に、一年ってあっという間なんですね。
それでもあっという間と感じている一年の中に、変わらずにある丈さんへの想いだとか、広がっていった自分の世界だとか、そういうものが詰まっています。
いい人生を送っていると思えます。

とある河野丈洋ファンは・・・
言わずもがな、私のことですが。

一年前に、丈さんと語り合う夢を見たんです。
周りをおいてきぼりにしてしまうくらい興奮しながら、二人で熱心に何かを語り合っているんです。
未だに忘れられない夢です。
その頃、その夢のせいもあって、どんなことでもいい、丈さんと話がしたい、ずっとそう思っていました。
今もそう思ってます。

ですからこのトラックバックしなかった記事も、押し付けがましいですが、丈さんに話したいことをただ書いているだけです。
ただ丈さんに話したいことを書いているだけです。
もうなんでもいいんです。

人生でここまで憧れた人間はいません。
エロい意味じゃなく、私はあなたが好きです。
後にも先にも、性別を無視できるくらいこんなに憧れる人間は現れないんじゃないか、と思います。


と、吐き出してみました。
もうすぐ夏も終わりますね。
丈さん元気そうでよかった。
[PR]
by yamana124 | 2007-09-05 00:39 | 音楽

ドラム

こんばんは。
ヤマグチ式ことヤマグチです。

ウワサ話
確かに、落ち着きませんね。
もやもやします。

私も、初めて会った後輩から、
「ああ!ウワサの!」
と言われた時には、
どうしようかと思いました。

(ちなみに、どうもしてません。)



「ドラム」のイメージ
みんなのイメージする「ドラム」とは。
結論から言えば、まさに大太鼓的ダイナミックさだと思うんです。
フンドシ締めて、ねじりハチマキ巻いた、いかつい男性が叩いているような。

さらに、世代の差はあるかと思いますが、
“バンド”の“ドラム”となると、ヘビメタのような、ドゴドゴドゴドゴっとしたイメージを思い浮かべる人が、大半ではないでしょうか。
(何故なら、近年のバンドブームの火付け役が、X-JAPANのため。)

そう考えると、しなやかなリズムを刻む丈さんのドラムは、そのイメージとは、かけ離れているような気も。
私の想像と、実際の皆さんのイメージとは、大きく違うかもわかりませんが。


「ドラマー」のイメージ
ドラム自体のイメージはドゴドゴですが
それを叩く人のイメージはというと。

私の中では、
ドラマー=バンドを裏でしっかり支えている
というイメージがあるので、
どちらかといえば、丈さんはどんぴしゃですね。


「ドラム」に憧れる
基本的に、バンドの中で
一番憧れるパートがドラムの私。

やはり、ライブの時の、
お腹に響くバスドラム、会場全体を揺さぶるリズム・・・
あの「裏で全てを動かしているぜ、フッフッフ」的感覚!
たまんねーぜっ!

と、なんだかよくわからないですが、ドラム、好きなんです。

リズム感ないんで、やるのは、無理ですが・・・


カポタスト
ゴムカポですか!
金属じゃないんですね。

・・・ああ・・・だから何って訳じゃないんですが・・・


こうしてネタは尽き
ツアー、そして新曲、楽しみにしてます。
[PR]
by yamana124 | 2006-11-14 18:54 | 音楽

カラスの行水


こんばんは。
丈さんとまったく同じタイプのカラス族
ヤマグチ式です。

まずはこちらの
丈さんのブログをご覧下さい。



十姉妹
我が家では一時期、十姉妹を飼っていました。
20羽近くまで増えてしまったので、人が入れるほど巨大な鳥小屋をこしらえたものです。
その十姉妹たちは、ある朝父が扉を閉め損ね、皆お空へ舞って行ってしまいました。


入浴中の読書
最近、入浴中の読書に最適な、濡れても歪まない紙の本ができた!
と、ニュースで流れていました。

おお、これは便利!

しかし、普通の本ならば、どう頑張っても、入浴してしまったら、濡れそうですよね。

シャワー派には、若干、理解しがたいので、
私も先ほどのブログに付けられた皆さんのコメントを読んで、
「へえ~」とか「ほお~」とか思っております・・・


温泉、真っ先にのぼせます。
たまには入浴中の読書も・・・
(コメントの引用、申し訳ありません。)

というのは、カラス族からすると、少々大変かもしれません。
のぼせてしまうか、身体を冷やしてしまうのです。
そもそも、入浴に不慣れなもので、温泉など長時間入っていられません。

あ、偉そうに何を言っているんだろう。
あくまで、私が、という話でした。
丈さんがどうなのかはわかりませんが、
私の知るカラス族の傾向からしますと
お風呂に長時間浸かれないということだけ
把握しておいていただけましたら、幸いです。


というわけで
温泉で、「もうあがっちゃうの~?」なんて引き止められたら、
後が大変な
カラス族なのでした。

早風呂、万歳!(笑)
[PR]
by yamana124 | 2006-11-03 03:05 | 音楽

夏休み

楽園

GOING UNDER GROUND 河野丈洋さんのブログ
“ドーナツ・ライフ”にトラックバック。

エンジョイ夏休み。
ダーツしすぎて腰痛い。

ああ、もう夏なのか・・・。
寒くて実感湧きません。

いつも長袖の何かを羽織っていないと、公共の交通機関だとか、ファミレスだとか、あのへん。あのへんで、結構やられます。冷房異常です。冷房なんか付けなくていいくらい、外は適温なのに。風邪引かせたいのかしら。

そんな中、福岡には夏が来ていたらしいです。
猛暑です。
さすがソフトバンクです。ロッテにはまだ春もきてない感じです。
違う、野球じゃない・・・野球じゃないけど野球なんだ・・・勝てないんだロッテが。
9回に負けが決まる試合ばかりで、もう・・・なんだ。
いいや、野球の話は。寝起きでわけがわからない。

 僕が思っていた以上に、人出がありました。ライオンとか、トラとか、モグラの姿も見えます。あと、カラスとパンダと、アルプスの少女もいました。このみんなで、長縄を跳んだり、紙芝居を見たり、「だるまさんがころんだ」をやったりするわけです。

もうなんだ、寝起きでわけがわからない・・・。
ライオンとかトラとかモグラとか。人じゃねえし。
人 出 じ ゃ ね え し !
ワー。草原ってなんでもありだぁ。
パンダなんてもうチャイナ!アルプスの少女ってハイジ!
ああ、寝起きでわけが・・・もうなんでもいいや。

明日から大阪に旅行。
盆地ならではのカンカン照りをエンジョイしてきます。
食い倒れてきます。
そして岡本太郎に会ってきます。
太陽の塔の裏の顔が好きです。
[PR]
by yamana124 | 2006-08-02 06:55 | 音楽

銀河鉄道の夜

TARO MONEY

GOING UNDER GROUND 河野丈洋さんのブログ
“ドーナツ・ライフ”にトラックバック。

記念コイン、手にいれてらっしゃるんですね。

我が家、というか、私と母で今、「先に、川崎にある美術館に行ってこようか」という話が持ち上がっております。
なので、先にそっちに向かった後、「明日の神話」と対峙してこようと思います。


ところで、丈さん。

現在、宮沢賢治の代表作、「銀河鉄道の夜」が、CG映像作品として、プラネタリウムで公開されているのを知っていますか。
恐らく、まだ忙しいと思いますが、上映時間は40分程度と聞いたので、是非ご覧になられてはいかがでしょうか。


参考までに、URLを載せておきます。
時間があれば、ご覧になってみてください。

「銀河鉄道の夜」ホームページ
http://www.gingatetudounoyoru.com/

サンシャインホームページより
http://www.sunshinecity.co.jp/event/ginga.html

満天ホームページより
http://konicaminolta.jp/about/manten/program/planetarium/summer/index.html
[PR]
by yamana124 | 2006-07-18 03:54 | 音楽

ダニエル

ジャック

GOING UNDER GROUND 河野丈洋さんのブログ
“ドーナツ・ライフ”にトラックバック。

驚きました・・・。
中村航さんが、「ハミングライフ」という小説を書いていたこと。
『LOVE or LIKE』という共著の中にあって。
お、おお。と思わず声をあげてしまった。

パキラの名前が、ジャックなのかと思ったけど、違うんですね(笑)

私の中では。
ジャックといえば、ジャックダニエル。
強烈な、茶色い、アイツ。
酒です。

ジャックには、非常に苦い思い出が残っておりまして。
2年くらい前だったと思います。
ペプシがブルーコーラを発売した際に、
「ジャックダニエルのブルーコーラ割り」
というものを、作ってしまったのです。

どれだけ割っても、ジャックダニエルの匂いが、強烈に残る。
割れば割るほど、ブルーコーラの鮮烈な青で、舌が染まる。

学生のノリって怖いです。もう二度とやりません。

話をパキラに戻します。
パキラですが、メキシコ産ということをご存知でしょうか。
低い温度に弱く、冬場は最低でも5度は欲しい、らしいです。
ですから夏に強く、あのみずみずしい葉を見ると、涼しげですね。

メキシコなんで・・・名前は「サンチェス」、なんて、恐らくウケがいいと思います(笑)
メキシコ代表のゴールキーパーです。
・・・・・・
ゴールキーパーが観葉植物・・・

でなければメキシコらしく、「タコス」。

嘘です。
ないです。
おいしそうです。

丈さんの素敵なネーミングセンスで、良い名前が付くことを願っております(笑)
[PR]
by yamana124 | 2006-07-14 16:05 | 音楽

丈さん。

GOING UNDER GROUNDの河野丈洋さんのブログ
「ドーナツ・ライフ」
2006年7月8日の記事
「I love you」

へ、トラックバック。

とにかく、あの日は、号泣する素生君の姿を見て、丈さんの言葉を聴いて。
みんなの笑顔を見て、泣き顔も見て。

「とてもいいライブでした。」
「本当にありがとう。」

結局、あのときをこの言葉でしか表現できなくなってしまっていたのに、
なぜか今になってね、ただひとつ、とんでもないことに今気づいてしまった。

丈さん。
私だって、愛しているんだよ。

あなたの歌も、あなたのいるバンドも、あなたが愛するぼくらも。あなた自身も。

あのステージでその言葉を吐きたかったのは、あなたもだけど、わたしもだし。あの場面にいたみんなであるし。

もう・・・なんだ・・・

ああ

「愛している」、だなんて、ね。

言わないでほしかったな・・・。

もうそんなこと、わかっているのに、伝わっているのに、そんなこと声に出して伝えられたら、こちらから伝える術が極力少ない私、というかぼくらは、どうしたらいいのか、本当にわからないじゃないか。
言葉に詰まって、ため息もらして、ガックリしちゃうじゃないか。
それでも、言われてしまったら、どうしても、私だって・・・伝えたくて、伝えたくて、仕方がないじゃない。
声にしたい欲求で訳わかんなくなってるぜちくしょう。

自分がどんだけ丈さんのことを「愛している」と声に出したいか、
嫌でも聞かせてやりてえ!なんて思って、
「ああ」っていうか「ぬぅあー!」と思って、
ボロボロ泣いてるのよ。

さらにだ。
なんか知らんが今頃こんなこと書きながらさ、
「ああ、こんなに愛しているものに、こんなにも愛されているのか。」
だなんて、そんなことにようやく頭が気がついて、ボロボロ泣いているんだよ。

だから書いている!
伝われと願い、書いている!
勢いのいい文章じゃないと崩れそうだから、敬語をとにかく飛ばしているし、非常に文体が感じ悪いけど、そのあたりはもうどうにもならない!
申し訳ないです。

伝わればいいけど、もう精神的に極限だから、今日はもうこれ以上、きみのこと、あの日のこと、思い出せないかもなぁ。

さようなら丈さん、また明日。それでもきみを愛している。
[PR]
by yamana124 | 2006-07-10 03:41 | 音楽
6月30日  暑いね・・。ほんと暑いです。そんな暑い中も頑張ってるいっさんにトラバ。あ、ヨイショしてるわけじゃないです(笑)

しかしこの。
じん、じん、じんぎすかーん♪

うまそー。

最近風邪と夏バテ(?)で。
一日一食か、ギリギリ二食。
白いご飯で胃もたれしちゃって、駄目だね。
このままだと筋肉が落ちて変なやせ方しそうで嫌だ。
もう、こんなに飯食えなくなったの初めてよ。
21にして、体力の落ち目を実感中。
まだまだ若いぜ・・・がんばろっと。


で、さっきはほんとにヨイショしてたんじゃないの。

風邪で外出てなかったもんで、今日、・・・厳密にいえば昨日ね、ようやくwith YOU買えたんだわ。


何だアレは・・・超いい。超いいよ。
名盤だね。生んだね。


いや、正直言って、今まで、GOINGの曲って勧め辛かった。
だいたい、アーティストって、「これを聞け!それでわかる。」っていうものが存在してるんだけど、どうしてもGOINGはね、自分の中で、なかったんだよね。選びづらくて。

このアルバムは、これとこれがすごくいいんだ、あのアルバムは、あれとあれとあれがいいんだ。ああでもあれも、いいんだ、ちょっと今まで紹介したのとは方向が違うんだけど・・・
そうそう、ソウ君の曲と、河野君の曲とも、魅力的な部分、「特にここが!」っていう部分が、結構違って・・・あ、河野君の曲、曲数は確かにソウ君程ないけども、でも、すでに彼の曲はGOINGの絶対的ポジションというか・・・

こんな具合に、とても説明がくどくなるんだよね。

with YOUは、それを一気に打開してくれた。


「これを聴け。」


言える。胸を張って言える。やった!
この一言に勝る、音楽を勧める言葉ってないよ、やっぱり・・・。


しかしよくもまぁ、あの曲順、うーん、マジック(笑)
もはやベストという名のオリジナル。

そんでまた、河野君のインストがいいんだ!
進化してる~進化してるよ~もう・・・
格好いいな。
よし、今日の昼飯はうどんにする!(笑)
[PR]
by yamana124 | 2006-07-01 03:53 | 音楽
4月21日 ビデオコンサート。とんでもない結果が出ましたよ。いっさんにトラバです・・・

解析ってこれですよね?昔やりました。↓
http://seibun.nosv.org/maker.php/5ing/

っつーか。いっさん!!!ちょっとまってよ!!!
「石原聡」入れてやってみたら全然違う結果が出たよ!!
一体どうなってんだろうw

GOING解析機による石原聡の解析結果
石原聡の92%はアゲハで出来ています
石原聡の6%はぼろぼろの黒い車で出来ています
石原聡の2%は焼きそばパンで出来ています

92%「さょならあげぇぇはぁ♪」(※丈さんの歌マネ)じゃん。いいなぁ。
しかも2%はまたスタッフじゃん・・・。

素敵だわ。解析機。
ちなみに、メンバー全員分の結果はこんな。


GOING解析機による松本素生の解析結果
松本素生の86%はムサシノ天使の詩で出来ています
松本素生の8%はTUTTIで出来ています
松本素生の6%は石原聡で出来ています

いっさん?!wwww


GOING解析機による中澤寛規の解析結果
中澤寛規の75%はサムネイルで出来ています
中澤寛規の11%はハートビートで出来ています
中澤寛規の7%は三ツ矢サイダーで出来ています
中澤寛規の4%はつくねBOYで出来ています
中澤寛規の3%は石原聡で出来ています

またいっさん?!あと炭酸飲料?!w


GOING解析機による伊藤洋一の解析結果
伊藤洋一の45%はさびしんぼうで出来ています
伊藤洋一の38%はランブルで出来ています
伊藤洋一の9%はきらりで出来ています
伊藤洋一の5%はTUTTIで出来ています
伊藤洋一の3%は河野丈洋で出来ています

おおっと丈さん!うーん、凄いロマンティーックな結果・・・


GOING解析機による河野丈洋の解析結果
河野丈洋の65%はkodamaで出来ています
河野丈洋の15%は隣の和式で出来ています
河野丈洋の9%はきらりで出来ています
河野丈洋の7%は石原聡で出来ています
河野丈洋の4%は河野丈洋で出来ています

い、いっさーーーーん!!!wwww
えええええwwwwww


っていうかここまでいっさんがいるって・・・えっ・・・何これ・・・www
何?いっさん実は影のリーダー?!色々握ってる?!wwwww

ああ面白いなぁ・・・

ちなみに私は本名でやったところ・・・
[PR]
by yamana124 | 2006-04-23 00:26 | 音楽
高知・熊本・鹿児島
GOING UNDER GROUNDの綱を握る男、河野丈洋、通称丈さんにトラックバック。
緊張してうまくコメント書けないのです。
いっさんへの態度と丈さんへの態度が、あからさまに違うっていう、素晴らしいブログ、それが空もよう(笑)
他のブログへ殴り込み、だけど本当はチキンハート、それがヤマグチ・・・21歳・・・千葉県民・・・
自分の住む街や所属するものにプライドがなさ過ぎる、実は内なる情熱を秘めている?それが千葉県民・・・オタクの多い千葉県民・・・(勝手な推測)
変な前置きはいいとして本題に移ろう・・・


諦めるところはびっしびし諦める。
思いきりの良い丈さん、さすが!素敵です(笑)

仮に、丈さんの理想(=真のGOINGの実力?)100%に対して、今のGOINGの力が50%しか出ないとします。
しかしここでいきなり100%出そうとしてがんばっても空回りしてしまうのです。出せる力も出せなくなってしまう。
それよりも、今ある50%に全力を傾けることのほうが大切だ!
と、前年度野球日本一のロッテのバレンタイン監督がおっしゃってました。
うけうりかい。


いい思い出いっぱい引っさげて帰ってこれる旅になればいいですね。
武道館で待ってます。
[PR]
by yamana124 | 2006-03-28 11:37 | 音楽