タイトル戻しました。マリーンズとイーグルスのファンです。


by yamana124
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:音楽( 17 )

丈さんこんばんは。

天空海闊
久々に丈さんにトラックバックします。
コメント書いてたらなんだか長くなってしまった。
話したいことが山ほどある。

私もよく、死の観念や家庭のごたごたなど、「避けようのない何か」にぶつかった時、どうしようもなくなって、海のこととか、宇宙のこととか、考えます。
ただ大きい、とても届きそうにないものの存在って、どうしてあんなに安心するんだろう。
思うに、海も宇宙も未知なんだ。だからその先に夢とか、希望とか、抱く。
また、不動のものでもあるから、それこそ、消えてなくならない、信じて裏切られない、安心感があるんだと思う。
そんな、存在や気持ちに余計な理屈なんか、別に、いらないんだけどさ・・・
ああなんか、口に出さなくてよかったかな、これは・・・

それと、海がある街に行くと、いつも海は見る。
お台場でも海見て、幕張でも海見て、合併して「南房総市」になってしまう富浦町でも海見て。
宇宙は・・・見てる・・・ていうと嘘っぽいな。宇宙は、規模の大きさを考えるよ。いや、当たり前だけど、宇宙も見てるよ。いつも見てるよ。というか、宇宙しか見たことがないからなぁ。今だって、放り出されてるし。

余談その一。
幕張は、マリンスタジアムの裏から、自由に砂浜に出入りできるのね。
最後に行ったときは、大学生が映画らしきものを撮ってました。

余談その二。
富浦には、「ニャンだPark」という、猫屋敷(?)があるのです。
看板猫はくじらくん。いつも舌が出ているねこくんです。ちなみにここの猫、みーんな海にいる生きものの名前がついてます(笑)
そこに行くために電車でとんでもない交通費かけて、行ってしまったのですよ。んふふ。


あと昨日、夢に丈さんが出てきました。
一日中一緒にいるっていう謎の夢。丈さんと私が。
いや、なんだ、なんかキモい、キモいっつーか、痛々しい。
けど見ちゃいました。ごめんなさい。
内容は、まず、おっっきな、縦横の長さ20mくらいの赤い箱?の上に、最初10人近く人がいて、適当にみんな話してるんだけど、だんだんみんな散っていって、気が付いたら丈さんと自分だけがそこに残ってるんだ。
そこで何か絵本みたいな、渋い緑色した表紙の本を見ながら、その本の話とか、インストの話とか、女性アーティストの話とかを、ずーーーっとしてるっていう、夢。
しかも素生君とよういっさんが途中、何か買ってきたらしく、丈さんの後ろっ側で二人で飲んだり食ったりしてて、「食う?」とか「いる?」とか何回か聞かれるけど、話に夢中だから二人して全部断って(笑)

話して話して、話して話して・・・そのままお目覚め。オチのない夢。
多分今一番話したい、届かない人が、丈さん、あなただからです。

「ノラ」が凄く好きです。「南十字」の世界観も凄く好きだけど、なんでだろう、ノラが好きです。
歌にしてくれてありがとう。


最後に
ヤマグチは以前、HN「ゆきたろう」として「ひつじフォーラム」に送ったことがあります。
丈さんコメントありがとう。
色々あって、専門学校はやめることにしました。
環境の変化が必要になりました。
[PR]
by yamana124 | 2006-03-07 00:43 | 音楽
くっ・・・こ、この記事はツボです・・・

私、「博士の愛した数式」や漫画「天才柳沢教授の生活」など、とにかくああいう博士・教授モノが好きです。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、ドクばっか見てます。
あまり映画見に行くお金ないので行きませんが、生きてるうちに見ようと思います。

話はそれますが、最近、山下和美さんの「不思議な少年」という漫画にはまってます。
山下さんの書く人間ほど人間が輝いて見えたことがありません。
素晴らしいの一言に尽きます。
[PR]
by yamana124 | 2006-02-10 09:41 | 音楽

癒しの眉毛犬(?)

眉毛犬・・・・・・一瞬アフロ犬の類いかとおもったんですが、現実の犬ですね。
眉毛っぽいのが生えてる犬か。柴犬だな。
そういえばうちの近所、柴犬飼ってる家多いな~ということで、観察。
・・・まゆげ・・・うっすらあるようなないような・・・ある・・・ない・・・てか普通の犬でもうっすらあるのか?これ、眉毛?

あの、なんでもいいけど、犬通ると
「ホニャーーン!!ホァァ~~~!!(ドアにどーん)」
って我が家の猫軍団(親子3匹)のうちの、一番頭がよろしくない一匹がうるさい。
ので、ちょっと犬、困ったなぁ。うん、仲良くやろうよ、ねえ。

そうそう、癒し的お話。
今朝本八幡にあるリブレ京成の前に柴犬がちょこーんと座っていて、通勤・通学の方々がとても癒されていた。
しかもしばらく歩くと、みんなが自転車置き場の地面を凝視して通っていくので、何かなと見てみると、一匹のカマキリがじっとカマ(手)を構えたまま(オヤジギャクじゃないよ)、こちらを睨みつけているのだった・・・。
うーん、わかってるんだけど、やっぱり動物っていいなぁ。

猫になりたい。(このシメ方2回目だな)
[PR]
by yamana124 | 2005-10-20 00:11 | 音楽

2歳になったマウイ

丈さんのギターの記事を読んで。さっそくトラックバックしてみる。

私の父から譲り受けたへっぽこギターは生まれて30年は経つ。
もういろんな所が歪みまくり、とてもギターと呼べないような音を出すようになった。
そのギターを気が向くとじゃんじゃかやるのだが、10分程は音程がずれまくるのでその度に調節しながら弾く。
親父も私も手が大きいほうではなく、実は抑えられないコードが何個もある。
ずっと昔からピアノをやっていたが、それに対しても同様で、ドからオクターブ上のレ、までが限界。それ以上手を広げられない。
特に小指が短い。第1関節か第2関節かわからないが、とにかく隣の薬指の指先から見て最初の関節に小指が届いていない。
あっ!じっくり見ていたら大変なことに気が付いた。なんと左右の小指の長さが1cm程違う。
最初関節までの到達具合の差に疑問を感じていたが、手を交差して小指と小指を隣り合わせてみたら、断然左が長い。これは凄い、きっと左は鍛えた結果伸びたんだな。

そしてマウイ(詳細は丈さんのブログを読もう)誕生日おめでとう。丈さんの誕生日祝わずして、丈さんのギターの誕生日を祝うか、私。

ていうかこんな時間に更新してる私、そして丈さん、なんていうか、早く寝よう。
おやすみなさい。
[PR]
by yamana124 | 2005-10-14 03:25 | 音楽
それはもう慎ましやかに、丈さんのブログができていた。
GOING UNDER GROUNDのドラム担当。作詞作曲も手がける河野丈洋氏。私が「この人凄く格好いいし尊敬するけどとてもじゃないがこういう人間にはなれない」と思う人だ。
読書家で文章能力がずば抜けている。彼の文章見ると、何故だか、いつも宮沢賢治を思い出しちゃうんだよな。ビヂテリアン大祭・・・・・・(近年発売の宮沢賢治の本:銀河鉄道の夜などに恐らく収録されていると思います)の討論ではないけれど、彼の頭の中でもあんなことが起こっていることがあるんじゃないかなぁと思ってしまう。だから音楽と人の連載もいつも読んでしまうし、正直「音楽と人」を購入している理由は、彼の連載を読むためで・・・本にならないかなぁと思ったりしているんだけども・・・。

しかして彼のメインとなる職は音楽家だ。不思議。というか、多才。芸術家。
タレントが映画作って音楽やって本書いてってやってる以上に多才だなと引き込まれることが何度もある・・・遠い人だなぁ。作品を世に残す為に生まれてきたのかな。

いっさんのブログにするトラバとは一味違って、彼のトラバには少し自分の宇宙が出せたらいいなと思う。だってこの人自体小宇宙なんだもん。コスモ強いんだもん・・・せいんとせいやー(黙れ)。ぶつかっていかないと飲み込まれそうな。

そうだ、まだメンバーの名前も全然分からない時に、初めてGOINGを見たんだ。
丈さん、入院してたっけな・・・(笑)
顔見るのが一番遅れてしまったけど、最初に思ったのは一番格好いいなと・・・(いっさんごめん)・・・いうことでした。はい。

最後に
丈さん、野球みなさそうだから、ロッテの優勝を無理に願わせる行為は遠慮しておきます・・・
うどーん。部。がんばって。


GOING UNDER GROUND公式HP
河野丈洋プロフィールページ
※ブログはドーナッツ屋の中
[PR]
by yamana124 | 2005-10-14 00:28 | 音楽

チャオ☆

ヤッホーって叫ばれてるいっさん。
ディズニーシーに行ってこい、そして対抗して「チャオ!」と叫ぶ特訓だ。
最近ディズニーとか行ってないでしょ?
ディズニーシーはね・・・ぶっちゃけあんまテンション上がらんのですよ。
そういう時は自分がディズニーになってみるとです・・・
基本、他の客に手を振る。それなりにテンション上がるので。
えっ・・・うんそう、自分で何言ってんのかわかんない。
徹夜明けでテンション変です。許して。

ていうかわたしお茶漬け好きやねんけど。
徹夜するとね、しょっぱいお茶漬けが妙にうまく感じるんすよ。
別に徹夜じゃなくても、しょっぱいお茶漬けうまく感じてますけど。
いいなそこ~・・・行きたいけど驚かされるのはちょっと駄目。
気が弱いんだぁ~私~ぃ、かよわいからぁ~・・・。・・・寒い!めっちゃ寒っ!!
いや、視覚的なのは平気なんだけど、どうも聴くってのはすごい嫌なんだよね・・・
例えばイニシャルGが出現したときの効果。
あの茶色いの(もしくは黒いの)見るより、聴覚で「カサカサカサ」とか聞いたほうが嫌。
ひぃ~!てなる。
あ、ごめんなさい、お茶漬けからイニシャルGの話に・・・(死)

そうそう、TEAM GOINGの会員証とヒダマリ画報来ました。
私の1467番やって。
つーことは今全国に1467人くらいTEAM GOINGのメンバーがおるいうことか。
まぁ・・・入会の目的は・・・そのうちファンクラブのイベントとかあったら、いっさんに謝ることだから。恐らく顔見ていきなり謝り出しますから。
嘘だけどね・・・ニヤッ( ̄ー ̄)(さっきから何コイツ)

あと眠いのにこんなん書いてました。
ごめん、いっさんが一番似てないっていうかもう誰だかわかんね。
d0023526_7513736.jpg

[PR]
by yamana124 | 2005-06-19 08:01 | 音楽

酒と焼き鳥と私

石原聡の焼き鳥万歳!
いいなぁ!
酒。焼き鳥。素晴らしいじゃないですか。

地元の駅に引っ越した人と最後に交わした言葉が、「いつか焼き鳥一緒に食おう」だったのを思い出しました。
ちなみにその会話を交わした人の実家は、バンプオブチキンの地元。
でも私の地元はそこから3駅しか離れていないのです。
親が非常に厳しい人だったらしいのです。
親離れがしたかった。
私の知る限りのその場所に住む人間は、皆親が厳しい。
厳しいというか、異常な過保護。
街ぐるみでNHKの料金を払っていないところもあります。
なんだかとても変な街です。

音楽と人買いました。
購入の決め手が丈さんの寄稿。
私が今までに見た音楽雑誌とか色々飛び越えて、一番好きな文章かもしれない。
巧いなとか、そういう風に考えていたのかとか、へ~なりほ~なり声を出して読んでしまいました。
何より自分の考えていることをあそこまでしっかり文章にできるというのは、凄い。
流石です。
私もあの年になってああいう風にできたらいいなと思いました。
ちょっと憧れる「大人」像であります。
私の年であの文章は冷静すぎるけど。

東京あたりで石原さんや私の知るアーティストの方に出会っても、声かけられるかどうか疑問。
私は人見知りで、年上の方が非常に苦手です。
年上の人が怖いんです。
なんなんでしょうね。
[PR]
by yamana124 | 2005-05-12 01:42 | 音楽